日々のこと

子どもに習い事をさせるって、こういうことだったんですね

息子が生まれてまもなく、

近所のスイミングスクールの『生後4ヶ月から』という張り紙を見て入会。

親子で楽しく赤い台の上で遊びました。
(この時は習い事っていいなとただただ思っていました)

 

息子が2歳になった時、

モンテッソーリのスクールに通いました。
ココです

お迎えに行くと、先生から

「今日描いた絵です☺️」

「今日はこれを作りました☺️」

と作品を渡されるのがとても嬉しくて、

意味不明な作品も大切に箱に入れていました。

 

そして…

幼稚園に入り、新たにピアノとサッカーを始めた時

はじめて気が付きました…

「私が」毎日自宅でピアノの練習に付き合わなければいけないと。

「私が」サッカーのドリブル練習に付き合わなければいけないと。

 

そうかー😱

お教室に預ければOK🌟
ピアノを弾けるようになる息子を迎えにいくだけ☺️
サッカーする息子が見られるだけ💕

じゃないんだー😱

ピアノの先生からの連絡帳に

「お母さまが弾いて、それがどの音なのか
お子さまに当ててもらう練習を毎日してください」

「来週までにこの曲を両手で弾けるようにしてください」

サッカーも同様、

「頑張ってボールに慣れてくださいね」と。。

あれ?!これってもしかして、私が教えるのね?

じわじわ記憶が蘇ってきました。

私がピアノを弾いている間、横に椅子を置いて見張ってきた母を。

ピアノの練習をサボった日はめちゃくちゃ怒ってきた母を。

先生との記憶よりも濃い。。

 

そして現在。

息子がピアノを弾いている間、横に椅子を置いて見張る私。
鬼のようです

「左手の練習が足りないっ!あと20分やるよ!」

ボールの足さばきもちょっと上達しました⚽️。(←私が)